アルバニアホワイトニングクリームのこと

アルバニアホワイトニングクリームとシミウスの違いは?

アルバニアホワイトニングクリーム

 

顔のシミに悩んでいる方は、たくさんある美白ケアにも悩んでいませんか?

 

シミを消すためには時間がかかるし、費用もかかります。けれども、誰だって時間も費用も最小限に抑えて美白ケアをしたいですよね。

 

今、インスタグラムでも話題となっているアルバニアホワイトニングクリームとシミウスは、どのような違いがあるのでしょうか。

 

また、どちらが効果があるのでしょうか。

 

今回はアルバニアホワイトニングクリームとシミウスの違いや効果について、徹底検証していきます。

 

美白ケアをどれにしようか迷っている方は、必見です!

 

アルバニアホワイトニングクリームとシミウスの違い

それぞれ、簡単にケア出来ることで非常に人気の高い美白ケアですが、成分や使用方法はどう違うのでしょうか?

 

アルバニアホワイトニングクリームは、専門クリニックから生まれた安全に使うことのできる薬用の美白美容液クリームです。

 

含まれている成分はトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルで、高い抗炎症作用を持ち、肌荒れの防止やメラニンの生成をも抑制してくれます。

 

さらに、6種類の植物エキスが乾燥や肌荒れからお肌を合わせて守ってくれるため、美白効果の期待が非常に高い製品と言えるでしょう。

 

使用方法も簡単で、ケアにあてる時間は就寝前の数十秒だけです。

 

手のひらで温めたクリームを、フェイスラインを引き上げるようにリンパの流れに沿って馴染ませていき、密着させます。

 

眠っている間に、有効成分がお肌に浸透していき、美しくみずみずしい肌へと導いてくれます。

 

一方シミウスは、1つで10役の効果を併せ持つオールインワンジェルです。

 

シミウス一本で、化粧水や美容液などのスキンケアを一手に引き受けてくれるんですね。

 

シミウスに含まれるプラセンタは、メラニンの生成を抑えてコラーゲンやヒアルロン酸の生成にも力を貸してくれます。

 

高い美白成分として、古来より使われているものなのですね。

 

さらに、保湿や肌の引き締めに優れた天然由来成分をたくさん含んでいます。

 

使用方法は、ダブルクリスタル製法という独自の製法により、二層のジェルで美白ケアとマッサージを同時に行います。

 

オールインワンでケア出来るため、ケアに時間が取れない方から特に大きな支持を受けていますね。

 

どちらのほうが効果は高いの?美白ケアのお勧めは?

アルバニアホワイトニングクリームもシミウスも、配合されている成分は美白ケアとして優れている成分ばかりです。

 

どちらの成分も甲乙付け難く、メラニンの生成を抑制する効果や保湿効果として高い実績のあるものばかりです。

 

しかし、今回本気の美白ケアを目指している方には、アルバニアホワイトニングクリームをお勧めします。

 

ひとつめの理由は、スキンケアとは別の美白ケアであるということです。

 

オールインワンジェルというのは確かに便利で簡単ですから、忙しい現代人にとっては非常に有り難いアイテムです。

 

しかし、1つで10役というとどの役割も余さずクリアする代わりに、どの効果も特化したものが少なくなるように感じます。

 

オールインワンジェルもとても良いとは思うのですが、美白ケアは簡単なものではありませんよね。だからこそ悩む女性が多いので、普段のスキンケアをした上で、美白効果のために作られたクリームでケアすることが重要だと考えます。

 

また、美容液や化粧水はセットになっているわけではなく、自分に合ったものを選んで使えるのも良いですよね。

 

もうひとつの理由としては、アルバニアホワイトニングクリームに含まれるトラネキサム酸が長い間、肝斑の改善効果があるとして医療用に使われてきた事実です。

 

肝斑は、取れにくいとされるシミの一種ですので、治療薬として長く使われてきたトラネキサム酸の実績は、美白効果の期待が特に高まりますよね。

 

治療ではなく、薬用美白ケアとして簡単に手に入れられるようになったことに感謝したいですね。

 

まとめ

今回はアルバニアホワイトニングクリームとシミウスの違いについて検証してみました。
アルバニアホワイトニングクリームは、普段のお手入れに追加すること数十秒のみです。
簡単だから今すぐに始められますし、継続することも出来そうで安心ですね!

 

今度こそ本気で美白ケアをしようと考えている方は、アルバニアホワイトニングクリームを使って、赤ちゃんのようなつやつやお肌を手に入れてしまいましょう。

 

アルバニアホワイトニングクリームの公式サイトはこちらから≫