シミができやすい8つの原因

シミができやすい原因とは?

シミ,できやすい

 

年齢を重ねてくると気になり出すシミ。シミができるにはいろいろな要因があります。

 

シミができやすい人の特徴であったり、シミができる原因には何があるのでしょうか。

 

シミについて調査していきましょう。

 

シミができやすい人の特徴とは?

シミができやすい人は、紫外線の当たる環境下にいることが多い人です。

 

また、遺伝的なこともできやすい特徴となります。

 

シミができやすい人の特徴としては、2種類あります。体質的特徴と習慣的特徴です。

 

体質的特徴とは、色白の人です。色白の人は肌を守るための成分メラニンを作りやすいので、シミができやすくなります。

 

習慣的特徴とは、外で活動することが多い人や生活習慣・食生活が乱れている人がシミができやすくなります。

 

シミができる8つの原因とは?

シミができる仕組みはどうなっているのでしょうか。シミはメラニンが皮膚内で沈着したものです。

 

メラニンは、新陳代謝の働きにより28日間ではがれ元の色に戻るのが正常の働きなのですが、いろいろな理由から正常なサイクルが保てなくなると細胞の質が悪くなります。

 

そうなることで、シミやしわにつながっていくのです。

 

新陳代謝がうまくいかない理由はなんなのでしょうか。

 

日焼けによるシミ

紫外線が原因でできるシミは、日光性黒子と老人性色素班と呼ばれています。

 

紫外線を受けるとメラニンが活性化されます。それがシミの原因になります。

 

乾燥肌のシミ

肌が乾燥しているとコラーゲンが不足な状態です。肌の新陳代謝もうまくできないのでメラニン色素が肌に残りやすくなります。

 

メラニン色素が残るので、シミができる原因となってしまうのです。

 

ニキビのシミ

ニキビをそのまま放置してしまいできてしまうシミです。

 

ニキビでもちゃんとケアをして治していくことも大事ですね。

 

スキンケアの間違いによるシミ

肌を強く刺激しすぎて、角質層が傷つきそれが原因となってできるシミです。

 

スキンケアをきちんとしている認識でも、方法を間違えてしまうとシミのできる原因になってしまうのですね。

 

食生活の乱れによるシミ

新陳代謝を悪くしてしまい、肌の再生ができなくなることが原因でシミになってしまいます。

 

肌を気にするのならば、一緒に食生活も気にしていきましょう。

 

ストレスが原因のシミ

ストレスを受けるとホルモンのバランスが崩れることが原因です。

 

ストレスを受けないことはないので、いかに発散できるかで状態は変わるのではないでしょうか。

 

睡眠が十分とれないことによるシミ

睡眠をすることは、肌のトラブルを防ぐだけではなく色々な効果を得ています。

 

成長ホルモンが活発になる時間にしっかり睡眠を取ることが重要です。

 

肌の再生が行われないとシミの増えていってしまします。

 

たばこを吸うことによるシミ

たばこを吸っていてもすぐには、シミにはつながりませんが年数がたったときにシミが現れます。

 

たばこは健康を脅かすだけではなく美容にも影響を及ぼすものなのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

シミは遺伝的にできやすい人もいますね。

 

生活習慣であったり食生活など、日々ちょっとした気遣いでシミを防ぐこともできますよね。

 

シミができにくい状態を身体の中から改善することも重要なので、頑張っていきましょう!