シミ取りレーザーの失敗を防ぐ方法とは?

シミ取りレーザーの失敗を防ぐ方法は?

シミ,レーザー,失敗

 

シミをレーザーで取りたいと思っている人もたくさんいると思います。

 

でも、失敗したらどうなるんだろうと不安にもなりますよね。

 

そんなシミ取りレーザーについて、失敗例からそれを防ぐ方法があるのか調査していきましょう。

 

シミ取りレーザーはリスクがあるの?

シミ取りレーザー自体には、それほど大きなリスクがあるわけではありませんが、医者が説明したことに対する認識不足でトラブルがある事例はあります。

 

また、シミ取りレーザー後のケアをきちんとしないことで、シミがひどくなったとトラブルの事例もあります。

 

病気などの治療と同じで、医者の話をきちんと理解した上で治療を行うことをしなければなりません。

 

逆にきちんとした説明をしてくれない所での治療は避けた方がよいということになります。

 

シミ取りレーザーの失敗について

シミ取りレーザーの失敗例についてみていきましょう。

 

シミ取りレーザーの失敗例として、最もよくいわれるのが「戻りシミ」です。

 

戻りシミの特徴としては、治療で一旦消えたシミがまた同じ箇所に出てくるもので、治療した人の30%ぐらい発生すると言われているものです。

 

また、戻りシミは一過性のものであり治療することなく自然に消えるものなので、騒ぎ立てる必要がないことになります。

 

失敗というくくりとは違うかも知れませんが、治療した方にとっては失敗の意識になってしまっています。

 

失敗というくくりにすると「白班」が当てはまります。

 

シミではなくあざに対して治療すると白班になる事例があります。シミの治療の失敗とは少し違うかも知れませんね。

 

もう一つ失敗に当てはまるのが「肝班が悪化する」ということです。

 

レーザーの治療をするとシミが濃くなったという事例もあります。

 

シミを悪化させないで防ぐ方法とは?

戻りシミについては、治療後のスキンケアをきちんと行っておけば防げるということです。

 

シミ取りレーザーの治療した後は、肌も敏感になっているので普通のケアをする以上に、きちんと行わなければいけませんね。

 

また、治療後のスキンケアについては医者からもきちんと説明があると思いますので、シミ取りレーザーをしたから終わりではなくここから始まりという認識が必要ではないでしょうか。

 

肝班については、もともと自分のスキンケアの方法で肌をこすりすぎたことが原因なので、治療したから悪くなったのではありません。

 

最初にきっかけを与えてしまったのは自分自身になります。

 

肌をこするのは良いスキンケアとはいえないので、スキンケアの方法は美容外科でも教えてくれます。

 

また、デパートなどの化粧品メーカーの方に聞いてもよいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

シミ取りレーザーでの失敗の多くは、説明をきちんと聞いて内容を理解できていないことが多数を占めています。

 

治療自体は難しいことではないので、気になるシミがあるようであれば専門医にきちんと診てもらい治療とスキンケアをすることで改善できます。

 

ラクになくなるということはないので、綺麗になる自分を想像してスキンケアをしていきましょう!